カジノ20年までに3か所 政府検討。大阪・沖縄等候補 | 幕張新都心 MICE・IRを考える会

幕張新都心MICE・IRを考える会

アクセス記事

カジノ20年までに3か所 政府検討。大阪・沖縄等候補

平成26年7月26日の日本経済新聞で、政府は東京五輪を開催する2020年までに全国3カ所前後で、カジノの開設を認める検討に入り、大阪、沖縄などが候補となる見通し、と取り上げられた。

 

記事によると、「外国人の入場料は無料で、誘客効果の大きいカジノをテコに訪日外国人の増加につなげる。同時に日本人の入場は、数千円程度を徴収するなど制限を加える方向だが、ギャンブル依存症や治安の悪化などマイナス面への対策が欠かせない。」としている。

 

 

日経新聞

  • LINEで送る